読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hama_duのブログ

ノンジャンル記事置き場

CentOS5.3にTrac 0.11.6.ja1を導入してみた。

自分用メモ。

インスコ前の環境

必要なライブラリをダウンロード

python-clearsilver
# yum install clearsilver
sqlite
# yum install sqlite python-sqlite
easy install(Trac-jaのセットアップに必要)
# wget http://peak.telecommunity.com/dist/ez_setup.py
python ez_setup.py

Trac-jaのダウンロードとインストール

http://www.i-act.co.jp/project/products/products.html
からダウンロードできます。

# wget http://www.i-act.co.jp/project/products/downloads/Trac-0.11.6.ja1.zip
# unzip Trac-0.11.6.ja1.zip
# cd Trac-0.11.6.ja1
# python ./setup.py install

プロジェクト用ページを作成

まずtracのデータ、設定ファイルを格納する場所を用意します。

# mkdir -p /opt/trac

tracの管理ツールtrac-adminを用いてプロジェクトの初期化を行います。

# cd /opt/trac
# trac-admin projectname initenv

プロジェクト名、リポジトリへのパスが聞かれるので答えます。
それ以外はたぶんデフォルトでOK。

Apacheの設定

trac-admin でフォルダ /opt/trac/projectname が作成されるので、
apacheが読めるように権限を設定します。

# chown -R apache:apache /opt/trac/projectname
# chmod -R 700 /opt/trac/projectname

httpd.confの編集を行います。
とりあえずバーチャルホストでポート8888番で動作するように設定してみました。

# vi /etc/httpd/conf.d/trac.conf
Listen 8888
NameVirtualHost example.com:8888

<VirtualHost example.com:8888>
  ServerName example.com
  <Location "/trac">
    SetHandler mod_python
    PythonHandler trac.web.modpython_frontend
    PythonOption TracEnv /opt/trac/projectname
    PythonOption TracUriRoot /trac
  </Location>

  <Location "/trac/login">
    AuthType Basic
    AuthName "input username and password."
    AuthUserFile /path/to/svn/.htpasswd
    Require valid-user
  </Location>
</VirtualHost>

apacheを再起動します。

# /etc/init.d/httpd configtest
# /etc/init.d/httpd restart

準備完了

http://example.com:8888/trac にアクセス。